BNR34
ER34
ECR33
Friend's Car
Photo Album
Parts Impression
Profile
Specal Sale
Hime's BBS
One Line BBS
SKYLINE_OC
Link


Partsimpression

ER34やECR33で使用したパーツの感想をまとめて見ました。
参考になるかしら?!

Radical Powerのジュラルミン・ ピロテンションロッドを特価にてご案内しています!

分類 パーツ名 メーカー名 価  格 装着車 感    想



油温計
水温計
油圧計
ブースト計
Defi ¥70,000
取付け
工賃含む
ECR33 コントロールセンサーから計器類までのところが一本のラインのため  コクピットの見た目はとても綺麗。
エンジンスタート時のチェック動作がうっとりするほど格好良い。
ピークホールド機能や、警告機能も充実していてお勧め!です。



スーパー
インタークーラー
type-X
New
ARC 128,000円
取付工賃別
ER34 NISMOローテンプサーモと共に装着。
高速道路を120km/h前後で巡航しても、安定した水温をキープ。
ALTIAのエアロバンパーを加工して取り付け。メッシュから見えるパイプやARCのロゴはうっとりもの(^-^)
(ちなみに、ラジエーターはノーマルのままです。)
Hybrid
Inter Cooler
APEX'i 50,000円
取付工賃込
特価!
ECR33 某ショップの売れ残り品をゲット!定価98,000円だったので、かなりお得でした!
一応前置きですが、あまり大きくないので、迫力には欠けます。(でも50,000円だから…)
 このインタークーラーとHKSのオイルクーラー、そしてNISMOローテンプサーモスタッドのおかげで、冬場はオーバークールです! (ラジエーターはノーマル)
夏は、涼しくていいかも…(^^ゞ
夏:油温80度 水温70度  冬:油温72度 水温68度 くらいかな…
オイル
クーラー
HKS ¥60,000
取付け
工賃含む
ECR33 6段を入れた。
 夏場、かなり踏んでも100℃を越すことは無かった。
12月のヒーローしのいサーキット走行時も、オイルの状態は安定していた。
これを入れたら、インタークーラーやタービンも欲しくなってしまった。



クラッチライン
New
NISMO \6,500 ER34  純正で使用されているUパイプが省略され、ステンレスメッシュホースになったことも手伝って レスポンス性能が格段に上がった。
 油断していると、始動の段階でホイールスピンすることも(^-^;)
 見えないところだけど、運転する段階で違いのわかるパーツの一つだと思う。
 取り付け工賃、オイル代金を入れて、ディーラーで諭吉さん一人分くらい。
クラッチ
セラメタC
NISMO ¥100,000
取付け
工賃含む
ECR33  まず、初発の感想は「重い!!」です。
 新品で装着後、あたりがつくまで大変ですが、慣れてくると問題無しです。 しかし他車の軽いクラッチを踏んだ後は、かなり違和感有り。
 また、圧着力が強いため、確実にエンジンのパワーが脚に伝わります。
 繋がるとき、独特の音あり。(故障じゃないよ(^^ゞ)
 エンジン系のパワーアップ時は、クラッチも変えたほうが良いです。 (ノーマルクラッチでは早い時期で滑り始めます。)



Induction Box
New
ARC
¥36,000
特別価格
ER34  吸気する時にシュゴ〜〜とファンネルが流を整えているのが判る。
 純正と同様に、空気たまりを作っておけるので、効率がいい。
 初期投資は高いかもしれないが、長いスパンで考えると、いい買い物だと思う。
 汚れが酷くなったらフィルター交換予定。
Super
Power Flow
HKS ¥20,000
ECR33  吸気する時にかなり音がする為、 ブローオフ・バルブの音と間違えられることもあった。
 吸入ダクトは純正のまま流用し、遮熱版を取りつけたほうが、 夏の熱気・熱だれ対策になると思う。
 空気抵抗をかなり押さえた吸気が可能であるが、 フィルター部分がスポンジのため細かなごみを吸っている可能性がある。
 フィルター交換はエンジンオイル交換と同じくらい、こまめにしたほうが良いかも。 替えフィルターは大体2,500円〜3,000円。簡単取りつけ。



HYPER1000
premium
BIG-BANG
SLASH
柿本
レーシング
¥116,000
FrontP
触媒含む
ECR33  アイドリング音は、びっくりするほど静か。
走行中のサウンドは、RBの良さを引き出して惚れぼれする程、良い。 重低音が心地よく、ドライブが楽しく感じる。チリチリ音はほとんど無い。
 燃費は装着前と変わらず、8.5Km/L走る。
 メインパイプは80φ、テールは127φと迫力。
 価格改訂があり、かなり安くなっているようだ。
Weldina NISMO ¥131,000
FrontP含む
ER34  アイドリング音は、かなり静か。
走行中も、踏みこんだなりに良い音がする。 重低音もはっきり感じることができる。
 燃費は新車時からつけているので変化は分からないが、 大体9.5〜10Km/L走る。
 メインパイプは76.3φ、テールは117φだが、細くは感じない。
 走りこむと焼けて良い色になってくる。



Suspension
ZERO-2
ピロ付き
New
CUSCO ¥188,000
定価
ECR33  バネレートは、F10K、R8K。前後とも5段階減衰力調整式
 街乗りでも硬さを感じさせないし、サーキットでも柔らかいと言った印象をあまり受けないので とても扱いやすい足回りだと思う。
 今まで入れた足の中では、一番満足している。
Super Swift
Suspenshion Kit
New
ARC ¥238,000
定価
ER34  S耐で多くの車に使用されているSwiftのバネを組み込んでいる、超軽量の車高調。
プリロード独立なので、ばねが遊ぶことも無く、安定したコクピット空間を提供してくれる。
コーナリングも粘りが効くようになり、踏んでいくことが可能になった。
もし、現物に触れる機会があったら、その重量を体験して欲しい。
涙が出るほどの軽さにびっくりすることだろう。
ビルシュタイン
ダンパー
&
GT spec
サスペンション
NISMO
&
A'PEXi
¥23,000
中古価格
ER34  ローダウンキットで販売されているものを組み直し、 アペックスのバネを入れたものを装着。
 純正のままなら20mmダウンだが、組み直したことで 30mmダウンになり、フェンダーとタイヤの隙間は 指2.5本分くらいになる。
 純正時のまろやかさは残したままなので、 街乗りに向く脚回りになっている。
 タイヤハウスの中はかなり派出な色合いに(^^ゞ
SUSTEC PRO
S-O
ピロ付き
TANABE ¥152,000
ECR33  街乗りをするには固い。 ハイグリップではなく、ワンランク落とした程度の タイヤのほうが乗り心地が良いかも。ex) NEOVA⇒ M7R
 高速走行時の安定感は、路面状態が良ければ食い付く(^^ゞ (ハイグリップタイヤ使用時)。 某R13号線は「離陸準備!!」状態(爆) …飛びます(;_;)
 かなりショートストロークなので、 ジャッキアップしてもタイヤが下がりません…。すぐ持ちあがります。
 サーキット向き。
 お手ごろ価格。定価の20%引きで買えるときもあり。
BASS SPEC カヤバ ¥79,200
ECR33  ちょっと突き上げ感はあるが、減衰力調整付きなので扱いやすい。
 高速走行時の安定感は悪くは無い。
 サーキット走行では抜けやすいと言う話があるが、 今のところ問題無し。
 手ごろ価格。
ピロテンション
ロッド
Radical Power ¥20,000 ECR33
ER34
 ジュラルミン製で、純正の1/3と脅威の重量。
 バネ下の軽量化にもGood
 ハンドル・レスポンスが向上する。
TE37
17inch
アルミホイール
VOLK RACING ¥60,000程度
×4本
ECR33  とにかく軽い!
 見た目も良く、格好良いが、ホワイトは塗装が剥げやすいのが難点(;_;)
 タイヤはNEOVA、F235/45/R17、R265/40/R17。
N−GT
17inch
アルミホイール
柿本
レーシング
¥100,000
中古価格
ER34  純正ホイールに比べると軽い。
 32.33.34いずれにも装着可能。34ではツライチになる。
 タイヤは現在、POTNZA、RE-01 F225/45/R17、R245/40/R17。
窒素ガス
山形酸素 ¥500/1本
ER34
ECR33
 POTNZA、RE-01に注入。(過去はRE711)
 タイヤノイズが減りました〜♪
 SUGOサーキットを走行したときも調子よく、タイムを縮めることができました。
 内圧変化が少なく、グリップが安定します。
 聞いたところによると、燃費も良くなり、内側からの酸化防止効果も得られるとか。お験し有れ


SKYLINEのパーツは、32・33・34共に、ほとんど共通利用できるとのことです。
が、2WD車と4WD車、クーペとセダンでは、付かないものも有るかもしれません。
GT−Rの純正パーツ流用はねらい目です!
また、ステージア2WD、4WDの足回りパーツも流用可能です。